サイトメニュー

子ども期のトラウマと
複雑性PTSD

当事者が考える回復へのプロセス

ここは、子ども時代のトラウマに苦しむ人が「安心できる部屋」です。

こんにちは。
当サイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。

私は子どもこの頃に、虐待とネグレクト、ヤングケアラーを経験し、現在も複雑性PTSDと向き合っている当事者のひとりです。
同じような経験をしている人たちが、安心して情報を得られる場所を作りたいと思い、このサイトを始めました。

当サイトでは、主に以下の情報を提供しています。

  • 子ども時代の困難な経験から生じるトラウマと複雑性PTSDについての情報
  • セルフケアのヒント
  • 同じ悩みを共有するための体験談

過去のトラウマも、複雑性PTSDの症状も、一人で抱え込んでしまうのはとても辛いです。
でも、あなたは決して一人ではありません。
辛い思いをしている他の人たちがどのように対処してきたかを知ることで、あなたの症状を和らげるためのヒントが見つけられるかもしれません。

私も日々の生活の中で複雑性PTSDと向き合っています。
うまく対処できる日もあれば、難しい日もあります。

でも、多くの人の励ましのおかげで、少しずつですが前向きに生きることができるようになりました。
当事者の経験を共有しあうことで、みんなで一緒に乗り越えていけると信じています。

このサイトが、あなたにとって少しでも支えになることを願っています。
また、あなたが感じていることや経験していることを共有し、共感し合える仲間と出会えることを期待しています。

へなへなもへじ(サイト運営者)

子ども時代に辛い経験をしたみなさまへ

子ども時代の辛い逆境体験(ACEs)を乗り越えて、生き延びてきた自分を誇りに思ってください。

周りの人は、あなたが生きていることを褒めてくれないかもしれません。
でも、同じ経験をした私には、あなたが今日まで生き延びるのに、どれだけ大変だったかがわかります。
そして、「現状をどうにかしたい」という思いがあるからこそ、このサイトにたどり着いたのだと思います。これからは自分にやさしく生きていきましょう。

これまでの人生では、良いことなんてほとんどなかったかもしれません。
今すぐは難しいかもしれませんが、「人生を好転させられる可能性がある」と信じてみてください。
「人生を少しでも良くしたい」と思えたら、ぜひこのページの内容を参考にしてください。

家族や支援者のみなさまへ

複雑性PTSDを抱える方々は、突然起こる感情の混乱など、多くの困難と日々向き合っています。
家族や支援者の皆様の理解と支援は、当事者にとって何よりも大きな力となります。

自分を大切にする

支援者自身が健康であることが最も重要です。
当事者のケアを優先するあまり、ご自身の健康を害することがないように、自分のケアも大事にしてください。

理解と共感

当事者の経験や感情に理解を示して共感することが大切です。
完全に理解してあげられなくても心配いりません。
不安や苦しみを理解しようとしていることが伝われば、信頼関係を築くことができます。

話を聞いてあげる

話を聞くことは、それだけで大きな支えになります。
批判や意見はせずに、まず聞いてください。
無理に話をさせないようにお願いします(特に過去の辛い出来事のこと)。
意見を求められたら、「これは私の意見だけど」と前置きして上で、話してあげてください。
「何か困っていることはない?」と尋ねてみると、少しずつ心を開いてくれるかもしれません。

情報を提供する

専門的な支援やリソースについての情報を提供することで、回復への道があることを当事者に知ってもらうことができます。

一緒にいることの意味

ただそばにいること、寄り添うことが、当事者にとって大きな励ましになります。
共に歩むことで、彼らの回復をサポートしてください。

私は、みなさまの支援がどれほど貴重であるかを理解しています。
共に力を合わせて、複雑性PTSDを乗り越えるための一歩を踏み出しましょう。

はじめに

私の自己紹介と、ACEsと複雑性PTSDに対する私の考え。回復に必要なステップの概略。

複雑性PTSDの症状と原因

複雑性PTSDの症状と、発症の原因(ACEs、毒性ストレス、ストレス反応系の異常、心の未発達)について。

複雑性PTSDからの回復

回復に対する私の考え。回復するための有効な方法。セルフケアやサポートの紹介。

私の生い立ちと回復への道のり

複雑性PTSDからの回復プロセスで生い立ちを振り返ることの意義について。
私の生い立ちと、これまでに歩んできた回復へのステップの紹介。

複雑性PTSD当事者の家族としての思い

家族が複雑性PTSDと診断されたときに、当事者の家族には何ができて、どんな気持ちになるのでしょうか。
私の回復をサポートしてくれている妻の体験談や思いをお伝えします。

ACEsを繰り返さないために

世代間連鎖を繰り返さないために、私たちにできること。

心のケアの本棚:症状に向き合う一冊

複雑性PTSDに向き合うために、力になってくれる書籍を紹介します。

おことわり

このサイトに掲載している症状や回復方法は、私個人の経験に基づいたものです。ACEs(逆境的子ども期体験)や複雑性PTSDの症状は人それぞれ異なり、必要なケアも異なります。この情報が全ての当事者に当てはまるわけではありません。治療やカウンセリングについては、まず専門の医療機関を受診し、ご相談ください。
「医療機関への受診の方法が分からない」、「誰にも相談できない」などのサポートが必要な場合は、まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。可能な限りアドバイスいたします。

私がこのサイトで伝えたいのは、「適切なケアをすれば回復の可能性がある」ということです。このサイトが、あなたの「人生を良くしたい」という意欲を引き出し、ケアを始めるきっかけになれば幸いです。

このサイトには、私の虐待体験など、読者の心の傷となる可能性のある記述が含まれています。特に「私の生い立ちと回復への道のり」のページは、トラウマ体験を想起させる内容が含まれていますので、不安な場合は閲覧をお控えください。

「私の生い立ち」を具体的に記述したのは、ACEサバイバーや複雑性PTSDの患者を減らすために、「不適切な養育」の一例として紹介し、親子関係や子育てについて考えるためです。私の不幸な過去を公開して同情を誘ったり、関係者の悪事を暴露する意図はありません。

このサイトを執筆するにあたり、多くの文献を参照し、引用させていただいております。文献の紹介では、著者の敬称を省略させていただいておりますので、ご了承ください。

おといあわせ