サイトメニュー

子ども期のトラウマと
複雑性PTSD

当事者が考える回復へのプロセス

はじめに

わたしのこと

ページ管理者製作の顔型花瓶の写真

はじめまして
"へなへな もへじ"と申します。

私は子どもの頃に親から虐待やネグレクトを受け、ヤングケアラーとして育ちました。
30歳を目前に親と絶縁し、自分の人生を歩み始めたものの、過去のトラウマが甦り、複雑性PTSDを発症しました。トラウマのフラッシュバックに苦しみ、仕事を続けることも難しくなり、最終的には職を失いました。

親と決別して新しい人生を始めようとしたのに、過去の影に苦しむことになり、当時の私は絶望していました。
しかし、家族の理解と励ましのおかげで、今はこうして文章を書けるまでに回復することができました。

このページでは、当事者の視点から
「子どもの頃のトラウマ体験がその後の人生に大きな影響を与える」
という問題について、私自身の経験と取り組んできたことを共有したいと思っています。

私には3つの目標があります。

  • 同じ苦しみを抱える当事者の支えになること。
  • 現在の子どもたちを逆境体験から守り、将来世代への負の連鎖を断ち切ること。
  • 多くの人にACEs(子ども期の逆境体験)について知ってもらうこと。

これらの目標を達成するためには、子育てのあり方から働き方まで、社会全体の問題に取り組む必要があります。
私一人ですべてをカバーすることはできませんが、同じ苦しみや悩みを抱える方々に向けて、当事者としての経験や考えをお伝えすることはできます。
このサイトを通じて、それを実現したいと思っています。

私は残りの人生でこの問題に取り組み、支援活動を展開したいと考えています。
具体的な活動内容はまだ定まっていませんが、皆様からのご意見を参考にしながら、少しずつ形にしていきたいと思います。
このページはその第一歩です。

ご感想やご意見、ご批判をお待ちしております。

【略歴】
幼少期から高校生まで、母からの虐待やネグレクト、不登校、ヤングケアラー、などを体験。
両親の離婚後は、母の交際相手からの暴力や嫌がらせなどを受けて育つ。
生い立ちを挽回しようと、なんとか大学に進学したものの、学費のための奨学金と貯金を母に私的に使用されてしまう。
これを機に実家を離れ、のちに母と絶縁する。
周囲の人に助けられながら、生い立ちを挽回したい一心で大学院まで修了。博士(理学)を取得。
結婚して子どもを授かるが、育児中に感情が非常に不安定になる(のちに、複雑性PTSDのフラッシュバックであったことがわかる)。
育児にも家事にも関われなくなったことから、妻との関係が悪化。
そんな中、勤務中に突然、思考が停止してしまい、全く仕事ができなくなる。
適応障害と診断され休職するも、回復せずに退職。
その後、複雑性PTSDであることが判明。治療に打ち込んだ結果、回復傾向になる。
現在も、複雑性PTSDの症状(主にフラッシュバック)との付き合いが続いている。

ACEsの苦しみから解放されるために

私は子どもの頃、虐待、ネグレクト、両親の離婚、ヤングケアラー、極貧での生活などを経験しました。
このような体験はACE(Adverse Childhood Experiences)と呼ばれ、子どもの時だけでなく、成人後も複雑性PTSDなどの疾病や社会的不利に苦しむ原因となります。
しかし、ACEsについての認知度は低く、予防の取り組みも十分に進んでいません。

私は、「ACEsを減らしたい」と強く願っていますが、その理由は、「子ども時代の逆境がその後の人生を苦しめる」からです。
子どもは苦しむために生まれてくるわけではありません。大人の不適切な行動が子どもの人生を一変させてしまうのは、あまりにも不公平です。

逆境を乗り越えたほうが強くなると考える人もいますが、ACEsに関してはそれは間違いです。
日々の虐待に耐えることは逆境を乗り越えることとは違います。
子どもは虐待に「耐えている」のではなく、ただ「されるがまま」になっているだけです。
逆境に溺れる子どもは、感覚や感情を失い、逃げる発想すらなくなります。
その結果、自己否定と対人恐怖に陥り、少しのストレスにも耐えられない大人になってしまいます。

そのようなACEsサバイバーに対して「自己責任だ。強くなるために努力しろ。」と言うのは酷です。
子どもは親を選ぶことができません。偶然生まれ育った環境によって不利を被り、それによって一生苦しむのは理不尽です。

しかし、支えがあれば状況は変わります。
子どもの時点での支えが望ましいですが、大人になってからでも軌道修正は可能です。
私自身、そのことを経験しました。

回復のためのステップ

1. 症状を理解する

ACEsを経験した人がどのような悪影響を受けるのかを理解しましょう。
「過酷な環境を生き抜くために身についた習性が、今のあなたを苦しめている」ことを知ることが大切です。

2. 生い立ちを整理する

過去の辛い出来事が今の状態にどう影響しているかを振り返ります。
辛い感情が蘇ることもあるので、専門家の力を借りながら、ゆっくり無理せず行いましょう。

3. 自分の心を育てる

子どものときにストップしてしまった心の発達を再開させます。
自分の心を発達させるために、信頼できる人のサポートを得ることが重要です。
対人恐怖により専門家にお話できない場合は、当事者である私がメールでお話をお聞きすることもできます。お問い合わせフォームからご連絡ください。
信頼できる人に苦しみを聞いてもらうことが、回復に踏み出す一歩になります。

4. 回復する

支えてくれる人がいる状況で、自分の心を育て、少しずつ回復に向かいましょう。
苦しみはすぐには解消しませんが、以前よりもずっと生きやすくなるはずです。

回復への一歩になりますように

ACEsを経験した人は、その後の人生で多くの困難に直面しますが、適切な支援があれば回復は可能です。
このサイトでは、私の経験をもとに、複雑性PTSDの症状や回復のプロセスについて紹介しています。
同じ苦しみを抱える方の助けになることを、心から願っています。

おといあわせ